カンボジアでのビジネスについて

カンボジアでのビジネスについて

カンボジアで事業を開始し再認識させられましたが、カンボジアは非常に小さなマーケットです。仕事の性質上、在住日本人の方とお話する機会がないのですが、日本食Restaurantなどでご縁がありお話させていただく際、多くの方がカンボジアでのBusinessは難しいと口にされます。確かに、カンボジア特有の障壁がいくつもあり成功といえるまでには非常に多くの時間と労力、困難な道のりが待っています。しかしそれは、日本国内でBusinessを始める場合でも同じ事です。

移住から1年が経とうとするなか、上記のような発言をされる方にはいくつかの共通点があると気付きました。そのひとつを挙げると、このカンボジアで「自身(個人や日本側の母体となる会社を含め)がやりたいこと、売りたいモノ、変えたいこと、普及させたいモノ」に取り組んでいらっしゃることです。商機がどこにあるのか分かりませんので全てが一概に良くないとは言えませんが、せっかく言葉も文化も違う異国の地へ進出し、Businessをしようとしているにも関わらず、選択や行動、商材など、その全てが自身の思いつく範囲から脱出できていないように思えます。

具体的な例を挙げると

・ラーメン屋をやりたい
・バーを開きたい
・日本の技術の結晶である◯◯を売りたい
・日本から中古の◯◯を輸出し売りたい など

資金的な体力のある方も多く、失敗しても学びだと捉えられる方も多くあります。しかしせっかく日本を出て身命を投げ打ち挑戦するわけですから、利益を生み出さずに撤退することは避けたいものです。

経験則で思うところは、海外でBusinessを始める場合には自身の持っている考え、思いを一度断つことが重要であり、その上で現地にあるニーズを時間をかけていくつも洗い出し検証してゆくことが大切です。それを日本へ持ち帰り、全てに対応できる強固なConnectionを作り進出することだと思います。特に体力の無い零細企業にとっては、ひとつの事業が立ちゆかなくなるだけで撤退に追い込まれる可能性があります。国を跨いでいるわけですから、その強みを活かすべきです。多くの引き出しを持ち込み、その中で手応えを感じたものだけに全力を注げばいいのです。それが、たとえ未経験の分野であってもです。

ランキング参加中
スポンサーリンク
TKDBLOG
スポンサーリンク
TKDBLOG

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です