カンボジアでDefenderのrestoreをする 完結

DSC04422
Defenderのレストアを初めて2ヶ月が経過。無事に全ての作業を終えることが出来ました。これまでの過程についてはコチラをご覧ください。

カンボジアでDefenderのレストアをする 1〜6Days

カンボジアでDefenderのレストアをする 10~15Days

カンボジアでDefenderのレストアをする 16~17Days

スポンサーリンク
TKDBLOG

カンボジアでDefenderをレストアをする

LAND ROVER DEFENDER 110 Tdi Double Cab 1996

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-13-51-22

レストア前

購入から3ヶ月、ようやく全てのレストアを終えました。レストア前はお世辞にも良いコンディションであるとは言えませんでしたが、価値ある車輌となったと思います。

レストア後

DSC04422

カンボジア人のメカニックと相談して決めた赤色が、発色も良く正解でした。また、ボンネット上にタイヤを設置。個人的にはこの姿がディフェンダーらしく気に入っています

DSC04427

キャリアやガードなども全てブースにて塗装しました。カンボジアではこのような外装部品をブース内で塗装することはありません。しかし、この拘りがカンボジアでは見られない車輌を作ります

DSC04425

赤と黒がバランス良く配置されています。下回りのクリーニング、塗装、タイヤも全て新品に交換済み

DSC04433

元々、ダブルキャブではありませんが、前オーナーによって改造されています。それもまたオリジナリティがあり良い雰囲気を出していると思います

DSC04429

インパクトを与える小技として、ハイジャッキを後部に設置。普段、目にするものではないため、多くのカンボジア人の興味を惹きます

DSC04437

ボディの修正、下地作りだけで半月かかりました。Defenderはアルミボディのためコストはかかりますが、最終的には非常に良いコンディションとなりました

DSC04438

インテリアはレザーへ張替の予定でしたが、全てバラしクリーニング後に塗装。アクセントでボディ同色の赤を点しました

その他カスタム

シートはおそらくトヨタ製(ランドクルーザー?)と思われるシートを移植

赤と黒のメリハリをつけるため、Windowは全て黒のUVフィルムを施工

これまでにカスタムした車輌

FORD M151 A2

FullSizeRender

カスタムの様子についてはコチラをご覧ください。

M151 A2 レザーの張替えをする

ランキング参加中
スポンサーリンク
TKDBLOG
スポンサーリンク
TKDBLOG

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です